Hotel Paris
TOP Information Rooms Access Price recruit Link


小園江 達哉
tatsuya onosoe

history

1992 多摩芸術学院VD卒業N.Yへ放浪
1993 四日市でBAR GRRN ORIONを父とOPEN
1994 帰京
2004 ダイニング・CLUB・m-flowのマキシシングル発売でパルコに壁画。
LOUNGE・cafe・ボンテージショップ・居酒屋・BAR・回転寿司・セレクトショップ雑誌etc...等幅広い空間の装飾画、壁画、デザインを手がける。
2004 初めてラブホテルのリニューアルアートワークを手がける。

Interview

幼少より絵を描いていた。小学校の時通っていた「絵の教室」の先生が、とても面白い先生で学校の先生とはまったく違っていた。
「うまい・下手」ではなく「絵心」を大事とする自由な発送をここで学んだ。
 思春期に入ると、義務教育や規則に疑問を感じ、非行の道へと走っていったが、絵や音楽などの文化に対する情熱は、強くなっていった。
高校卒業後、芸大を目指すが、3年の浪人生活も空しくあきらめ、多摩芸術学院に入学することになった。回りには、自分よりうまい人がたくさんいたが
、自由な発送は「遊びの中で生まれる」という信念から、卒業後就職することなく、自由に時間を過ごした。
 実父が、赴任先の三重県で脱サラし、BARをはじめることになった。N.Yから帰ってきて間もなく、東京にいたくなかったので、
田舎暮らしをしながら、BARを手伝うことは、店作りを含め興味深いことであった。このBARをきっかけに後の仕事に大きな影響をもたらした。
 数年後、東京に戻り、実弟とグリーンレンタルを始める。鉢植えに絵を描いてレンタルするものだった。
(レンタル先のお店の雰囲気にあわせたデザインをし、素焼きにペイントする。)
都内某所の飲食店を中心にレンタルするうちに、店内の絵のオーダーが入るようになった。
絵を飾る場所を決めた上での作品、つまりある程度の題材を与えられた中で描くことが多くなっていった。
2003年に、多方面のアーティストの交流の場・新しい文化の発祥地にしたいというコンセプトでCHAOSはOPENした。
ここでは、内装・DJイベントプロデュース等で参加している。
ギャラリースペースや多目的に利用できるこの店では、たくさんのアーティストに触れる場となり、自分の絵を描きたいという欲求が日増しに増していった。
 昨年末、その念願が叶い、ギャラリーメイズで11年ぶりに個展を行った。 今後も、幅広く独特なアートワーク活動をしていきたいと考えています。



トップ / インフォメーション / 客室紹介 / 客室料金 / アーチスト/ 求人 / リンク

inserted by FC2 system